FC2ブログ
ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
マングローブの植樹 の記事一覧
2019桜丘高校フィリピンスタディツアー感想(その3)  
2019.12.05.Thu / 12:26 
今回のフィリピン旅行で1番印象に残ったのは、現地の学生達との交流です。現地に行く前はペアの子と何を話そうかたくさん考えていましたが、実際にペアの子と話すことになると上手く話せず、相手から話しかけられるのを待つだけでした。でも、少しずつ話しをしたら、言っていることが伝わるようになりました。そこから自信がついて自分からも話せるようになりました。マングローブの植樹ではコミュニケーションをとりあって楽しくできたのでとても良かったです。相手に恥ずかしがらず伝えるのが大事だということに気づきました。
マングローブ祭りに参加する小学生

The most impressive thing about this trip to the Philippines was the interaction with local students. Before coming here, I was thinking a lot about what to talk with the pair's child, but when I actually talked to the pair's child, I didn't speak well and just waited for the other person to speak. But when I talked little by little, I was told what I was saying. From there, I became confident and started to speak. The mangrove planting was very good because it was fun to communicate with others. I realized that it's important to communicate without being shy.
スポンサーサイト



2019桜丘高校フィリピンスタディツアー感想(その2) 
2019.11.25.Mon / 12:50 
桜丘高校のフィリピンスタディツアーは13回目となります。マングロー植林・地元の高校生と交流・お祭の参加などあり、多様な経験をしてもらいました。例年通り、感想文を掲載します。

慰霊碑の前で

The best memorie in Philippines was that the people in the Philippines were friendly. When Meeting the SI students, I couldn’t talk from myself. But they talked to me from the opponent. A person around greeted me with a smile.
I saw a lot of rough road and store and I asked Mr. Masahiro about it. And he said that the people in the Philippines are always leisurely and I thought that they are different than the people who are strictly in the rules and time like us.I want to visit Philippines again.
私はこのスタディツアーに参加して特に心に残ったことが二つあります。一つは、現地の人々との交流です。マングローブを現地の子達と植えた時は少し大変だったけど、やり甲斐を感じることができました。フィリピンの人々にはフレンドリーな人が多く、交流の時に私が自分から話しかけられずにいると、向こうから話しかけてくれました。知らない人たちも笑顔で挨拶してくれました。
 車で移動するときに、工事中の道路や店がたくさんあるのを不思議に思いました。引率のマサヒロ先生にお話を伺ったところ、フィリピンの人々はのんびりとした生活をしている人が多いから工事がなかなかはかどらないのだそうです。規則に厳しく時間に追われている日本の人々との違いを実感しました。
 もう一つ心に残っているのは、慰霊碑の前で後藤さんが話してくださった戦争の話です。今でも残っている教会についての話は感動を覚えました。もし将来フィリピンに行くことがあったら、再びこの慰霊碑の元に訪れたいです。スタディツアーを通して様々な経験を積むことが出来たので参加して良かったです。

《参加費無料》「国際協力カレッジ2019」開催! 
2019.11.19.Tue / 17:03 
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
《参加費無料》
1日で「国際協力」の仕事が学べる!&ボランティア・インターンマッチング展

         「国際協力カレッジ2019」
   ~国際協力を学び、行動するきっかけをつかもう!~

  ●日 時:2019年12月21日(土) 10:00~17:00 
  ●場 所:JICA中部 なごや地球ひろば
  ●参加費:無料

webサイトはこちら⇒ http://nangoc.org/information/12212019.php
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「国際協力で働く」ってどういうこと?
「NGO」や「JICA」って何をしているの?
世界にある課題の中で私に「できること」ってある?
そんな疑問を「カレッジ」で解決しよう!
「いま」動かなくて、いつ動く?
さあ、一歩前へ踏み出そう!
世界のために。そして、自分のために。

年に一度の機会。
カレッジに参加して、あなたに合った国際協力との関わり方、働き方を見つけよう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■開催概要
「国際協力カレッジ」は国際的な課題に関心を持つ人びとが国際協力の現場の声に触れ、考え、動き始める「学び」と「きっかけ」の場です。名古屋NGOセンターとJICA中部との協働により、2006年にスタートし、今年で14回目になります。

●日 時:2019年12月21日(土) 10:00~17:00 ※開場は9:30です。
●場 所:JICA中部 なごや地球ひろば(名古屋市中村区平池町4丁目60-7)
●参加費:無料
●定 員:70名(先着順/要申込)
*申し込みスタートは、2019年11月12日(火)13:00~です。
●対 象:国際協力分野に関心がある人
●主 催:独立行政法人 国際協力機構 中部センター (JICA中部)
●事務局:特定非営利活動法人 名古屋NGOセンター
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■内 容
午前の1~2時間目は学ぶ時間とし、「シンポジウム&テーマ別講座」を開講します。
1時間目はシンポジウムを行い、国際協力の現場で働いている先輩4人の話を聞きます。
2時間目は、各部屋に分かれてテーマ別講座を行います。
午後の3~5時間目は行動する時間とし、「国際協力分野のボランティア・インターン マッチング展」を行います。
また、世界の課題とSDGs(持続可能な開発目標)を達成するための取り組みについて学べる「SDGs体験ゾーンツアー」もあります。
_____________________________
【1時間目】シンポジウム
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
4人の先輩の話を聞き、自分の将来を描こう!国際協力を仕事にすることの楽しさ、魅力、やりがい、苦労、そして関わり始めたきっかけなどを話して頂きます。
-------------------- <ゲスト紹介> ---------------------
【企業】 中島 康滋(なかしま・こうじ)さん
  イノベーションファクトリー(株) 代表取締役
18歳で起業しITベンチャーを創業、日本初の音楽配信を実施。事業売却後に地球一周し社会教育に関心を持ち、帰国後にモバイルベンチャーとNPO法人コモンビートを創業。15年間170公演で20万人に達し海外にも展開。現在はソーシャルベンチャーを自ら経営する傍ら社会起業家支援を行う。株式会社HASUNA取締役、NPO法人フェアトレードタウン名古屋理事ほか。
--------------------------------------------------------
【NGO】 倉田 麻里(くらた・まり)さん
  (特活)イカオ・アコ 常務理事
院卒後、海外で森林と国際交流に関わる仕事をしたいと、イカオ・アコの現地駐在員に。JICAプロジェクト・マネージャーなどを経験し、ソーシャルビジネスとして、国際協力研修センター、オーガニックカフェMidori、ゲストハウスイロンゴを立ち上げる。森林科学修士。 二児の母。
--------------------------------------------------------
【協力隊・NGO】 石田 純哉(いしだ・じゅんや)さん
  (特活)ル・スリール・ジャポン 理事長・事業責任者
都市部、その近郊の開発が進む一方、取り残される地域がある。そうした地域の学びの場の環境向上、構築のため、様々な立場で従事した開発事業の経験を活かし、西アフリカの仏語国でNGO活動を続ける。「行動変容」のための「内面の変容」を大切にしている。
--------------------------------------------------------
【JICA】 青木 信彦(あおきのぶひこ)さん
  JICA中部 連携推進課
民間企業を経て、2010年よりJICA中華人民共和国事務所にて法制度整備 支援・企業連携、民間連携事業部にてSDGsビジネス支援制度の構築を担当。 米国国際開発庁(USAID)へ出向の後、2018年1月より現職にて、企業連携 及び広報・PR等を担当。
--------------------------------------------------------
コーディネーター 村山佳江 (特活)名古屋NGOセンター職員
_____________________________
【2時間目】テーマ別講座
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
1時間目のゲストが、それぞれの部屋に分かれます。
気になるゲストに、詳しくインタビューしてみよう!
_____________________________
【3時間目】出展団体による自己紹介
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出展団体による自己紹介・アピールタイム。
自分に合った団体を見つけよう!
_____________________________
【4時間目】マッチング展 今日からスタート!国際協力、はじめの一歩
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
団体の概要やボランティア・インターンとしての活動内容など、興味を持った団体のブースをまわって、気になることを聞いてみよう!きっと自分に合った団体がみつかるはず!
--------------------- <出展団体> ---------------------
1. 多文化共生・コミュニティ開発
・(特活)アイキャン
・ハンガーゼロ(日本国際飢餓対策機構)
2.教育・子ども
・(特活)アーシャ=アジアの農民と歩む会
・(特活)キャンヘルプタイランド
3.環境
・(特活)イカオ・アコ
・(特活)チェルノブイリ救援・中部
・(特活)DIFAR
・(特活)ホープ・インターナショナル開発機構
4. 人権・平和・医療
・(公財)アジア保健研修所(AHI)
・(特活)セイブ・イラクチルドレン・名古屋
・(特活)HIROYA基金
5. JICA海外協力隊&外務省NGO相談コーナー
・JICA海外協力隊相談コーナー( JICA中部)
・外務省NGO相談員コーナー( 中部ブロック担当)
6. キャリア相談
・JICA国際協力人材部(PARTNER)
_____________________________
【5時間目】全体会&ふりかえり、あいさつ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■オプション参加 SDGs体験ゾーンツアー
なごや地球ひろば(1F)の企画展「まちづくりってナニ?展」をSDGsの説明とともに案内人がガイドします!
※SDGs(持続可能な開発目標)は2015年9月の国連サミットで採択され、15年間で達成する17の目標を掲げています。
※昼休憩中に2回実施。(12:30~12:50 または 13:00~13:20)
※各回定員25名、先着50名様まで
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■当日スケジュール
午前
10:00~10:10(10分) あいさつ
10:10~11:15(65分) 1時間目 シンポジウム
11:15~11:20(05分) 休憩
11:20~12:20(60分) 2時間目 テーマ別講座 
12:20~13:30(70分) 休憩
午後
13:30~14:40(70分) 3時間目 出展団体による自己紹介
14:40~14:50(10分) 休憩
14:50~16:10(80分) 4時間目 マッチング展
16:10~17:00(50分) 5時間目 全体会&ふりかえり、あいさつ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■参加者募集チラシ
チラシは以下よりご覧ください。
これまでの国際協力カレッジをきっかけに、ボランティア・インターンを始めた参加者の声も掲載しています。
http://nangoc.org/information/college2019.pdf
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■お申し込み方法 
(1)名古屋NGOセンターウェブサイト(http://nangoc.org/information/12212019.php)
上のフォームに記入の上、送信してください。
※受付期間:2019年11月12日(火)13:00~12月18日(水)12:00
(ただし、先着順です。定員になり次第、締め切りますのでご了承ください。)

(2)メール・電話の場合
以下の項目をメールでお送りください。
電話の場合は口頭でお伝えください。
・お名前 ・ご所属(あれば)・年代(10代以下・20代・30代・40代・50代・60代以上)
・お住まいの市町村 ・電話番号(携帯も可) ・E-mail
・このカレッジに期待すること ・どこでこの情報を知りましたか?
・「SDGs体験ゾーンツアー」への参加を希望しますか?( 希望する・希望しない)

※原則、終日参加できる方に限ります。
※定員(先着各70名)になり次第、締め切りです。なお、電話でのお申し込み以外は受付確認のご連絡をいたします。万一、お申し込み後1週間以内に連絡がない場合はご一報ください。
※いただいた情報は、本件イベント以外に使用いたしません。但し、本件フォローのため、主催者よりメールをお送りさせていただく場合がございます。予めご了承ください。
※毎年、定員を超えるお申し込みを頂いております。お申し込み後のキャンセル、および当日の遅刻・早退がある際は、必ずご連絡ください。

●お申し込み先&前日までのお問い合わせ先●
特定非営利活動法人 名古屋NGOセンター
〒460-0004 名古屋市中区新栄町2丁目3番地 YWCAビル7階
TEL:052-228-8109(電話受付時間:火~土曜 13~17時)
E-mail:info@nangoc.org
http://www.nangoc.org
2019桜丘高校フィリピンスタディツアー感想(その1) 
2019.10.22.Tue / 14:33 
桜丘高校のフィリピンスタディツアーは13回目となります。マングロー植林・地元の高校生と交流・お祭の参加などあり、多様な経験をしてもらいました。例年通り、感想文を掲載します。
What I've found in this study tour is that a lot of people can speak English.
We have learned a lot of English in Japan, but the children of the Philippines were able to speak English more fluently .
I came to the Philippines and realized that I had no English ability.
So I want to study English hard in Japan and make use of it overseas.
Thank you all for making our plan for a week.
From joining this study tour, I became to like the Philippines even more.
It was really fun!

マングローブ祭り

私はフィリピンのスタディツアーに参加して、フィリピンの同世代の子供達と日本の子供達の英語力の差を痛感しました。交流会を通してフィリピンの子供達と関わってみると、英語が話せるだけでなく、私たちのバティはタガログ語しか話せない子供達との会話の通訳となり、私の話したいことをタガログ語で伝えてくれ、タガログ語を英語で伝えてくれました。私は小さな子供達が覚えたばかりの単語で話しかけてくることこそが嬉しかったですが、バディ達の賢さと助けてくれたやさしさにも感動しました。
フィリピンのスタディツアーに参加したことで、自分に足りない部分を見つけることができ、また、コミニュケイションの大切さを学ぶ機ことができました。
クリックするだけで団体の支援に! 「シーテック クリック募金2019」スタート 
2019.06.16.Sun / 21:29 
 
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

      環境NGOを「おうえん」しよう!
       ハートリレーキャンペーン
      シーテック クリック募金2019

    開設期間:2019年6月1日~2020年1月31日
   WEBサイト:http://www.ctechcorp.co.jp/bokin2019/

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆  


今年度も、再生可能エネルギー発電事業などに積極的に取り組む(株)シーテック様(http://www.ctechcorp.co.jp/)のご協力により「ハートリレーキャンペーン」が実施されることになりました。
みなさまのクリック数に応じて、環境NGOへ寄付されます。

WEBサイトでは、各環境NGOの活動内容が分かるビデオレターを掲載しています。
ぜひチェックしてみてください!

また、各団体の現地で撮られた写真等を用いた「カレンダー付き壁紙」のダウンロードができます。
かわいらしい子ども達の笑顔や、現地の様子を是非ご覧ください。

☆募金の仕組み 
・WEBサイトのページから、「応援します」をクリック。
  http://www.ctechcorp.co.jp/bokin2019/
     ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
・1クリック10円が名古屋NGOセンターを経由して、(株)シーテック様より環境活動に取り組むNGO5団体に寄付されます。

※ご賛同くださりクリックして下さった皆さまに経済的負担はかかりません。

ご協力、どうぞよろしくお願いいたします!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
プロフィール
Ikao Ako Logo

次の世代にもすばらしい環境を残しましょう(^_^)あなたもマングローブの植樹に参加しませんか?


『イカオ・アコ まぐまぐ!メルマガ』
メルアドを入力してボタンを押すと登録できます。

イカオ・アコ

Author:イカオ・アコ

カウンター
月別アーカイブ
CopyRight 2006 星の輝く南の海へ マングローブ隊が行く   All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG /