FC2ブログ
ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
マングローブの植樹 の記事一覧
古着を山奥の保育園に寄付 
2019.02.25.Mon / 23:32 

「こんなところに日本人」という番組のロケが行われたPatag村にある保育園 Hilltop Christian Care Center に
古着のTシャツを寄贈しました。

子どもの集合写真


南医療生活協同組合からいただいた古着です。

子供たちは当然、大喜びです。

アップでチーズ


大人のTシャツもいただきましたので、次は高校訪問です。
スポンサーサイト
中部NGO-JICA中部 第13回地域協議会の案内 
2019.02.11.Mon / 11:08 
 
==================================

■■  中部NGO-JICA中部 第13回地域協議会参加NGO募集!!  ■■

        2・26(火)18時30分〜20時30分
        
==================================

■日時:2019年2月26日(火)18:30〜20:30
■場所:JICA中部セミナールーム
■議題:
・報告事項

2018年度草の根技術協力事業の応募状況と2019年度の募集予定について

(パートナー型、支援型、地域提案型)

中部4県のNGO等現況調査について
NGO-JICA定期協議会(全国)の報告と今後の動きについて

  ・ 2018年度「国際協力カレッジ」の実施報告

・協議事項

  「ローカルとグローバル、SDGsの視点から国内、海外の課題に取り組むNGO(新規アクターとの連携に向けて)」

  ・(特活)泉京・垂井(地方から海外へ)

  ・(特活)DIFAR(海外から地方へ)

◆協議会の実施要項や過去の議事録はこちらからご覧いただけます↓
http://www.jica.go.jp/chubu/office/conference/index.html

■参加対象者:
・地域協議会の趣旨に賛同する中部地域のNGO等団体
・JICA中部の関係者
*なお、初めて参加される団体に限り、お手数ですが団体登録が必要です。
(加盟団体の場合は、簡単なフォームのみで構いません。
 添付ファイルのフォームを利用して、2月21日(木)までにお申込みください。
(前回ご参加頂いた団体は登録は不要です)

■参加申し込み方法:

以下のフォーマットにご記入の上、問合せ先までお送りください。(〆切:2月21日(木))

--------------------------------------------
団体名:
連絡先:(住所)
TEL:        FAX:
E-mail:

担当者(役職):

--------------------------------------------

■問合せ先
中部NGO-JICA中部 地域協議会 NGO側コーディネーター 中島隆宏
  電子メールアドレス:taka-n@kem.biglobe.ne.jp
  TEL 0561‐73‐1950 FAX 0561‐73‐1990(月曜〜土曜:9時〜17時)


国内の組織基盤強化に取り組みます 
2019.01.23.Wed / 11:37 
 
イカオ・アコは創設20年を経て、多くの問題を抱えるようになりました。特に、国内の組織基盤の脆弱性が大きな問題と考えます。

イカオ・アコの活動や事業を発展させるために欠かせない取り組みが「組織基盤の強化」です。組織基盤強化とは、ミッションやビジョンの実現に向けて、組織のありたい姿と現在の姿とのギャップとその原因を深掘りし、その課題解決を図る取り組みのことです。

幸い、100年続くPanasonicから基盤強化の助成金をいただくことになりました。

「Panasonic NPO/NGOサポートファンド for SDGs」は、世界的な社会課題である「貧困の解消」に向けて取り組むNPO/NGOが持続発展的に社会変革に取り組めるよう、その組織基盤強化に助成するものです。

Panasonicから助成金


今年、イカオ・アコが改善する組織運営上の問題点は、

問題点1(中期計画がないためのガバナンスの欠如)

問題点2(国内の人的基盤の脆弱性)

問題点3(市民の参加の仕組みの少なさ)

です。

外部人材として、名古屋NGOセンターに協力いただき、イカオ・アコは環境保全型プロジェクトを中心として活動する組織の基盤強化の具体像を作成します。名古屋NGOセンターがフィリピンの現地も視察し、活動と組織の関係を多様な視点で見直し、正しい組織運営の改善策を成果として得たいと考えます。
桜丘高校スタディツアー感想(14) 
2018.12.13.Thu / 18:42 
 
私はフィリピンから帰ってきて、フィリピンに行ってよかったと思いました。
フィリピンに行く前はフィリピンについてあまりよく知らなかったので、向こうに着いてからは日本とは全く違う風景にワクワクしながら不安でもありました。

日本と違う環境で体を崩さないかとか、現地の人としっかり話せるかとか、色々な心配をしていました。
しかし、2日目のロビンソンでの買い物でその心配は薄れていきました。

たくさんの人が私たちに話しかけてくれて、私もなんとかそれに返すことができました。そこから自信がついて、頑張って現地の人と会話をしようとしたり、会話ができない場合は体を動かして伝えようとしました。

うまく伝えられなくても相手の人が優しくて、「大丈夫だよ」と言ってくれて、私はとても安心することができました。
植樹では、現地の人たちと一緒に植樹をするとこができて楽しかったです。最初は泥まみれになることに抵抗がありましたが、最後には楽しむことができてよかったです。

フィリピンから帰る頃には、友達が日本に帰りたくないとずっと言っていました。日本の方が不便がないのに、人が優しいからという理由でまだフィリピンにいたいと言っていました。

フィリピンに行く前は植樹のことしか考えていなかったので、フィリピンの人々の優しさに心を打たれるとは思ってはいませんでした。
今回はとても貴重な経験ができて良かったです。もしまたフィリピンに行けるのならもう一度行きたいです。

 
桜丘高校スタディツアー感想(13) 
2018.12.13.Thu / 18:38 
 
私は、フィリピンがどういう国なのか知りたかったのと、英語を活用したいと思って今回のツアーに参加しました。

私の中でのフィリピンでの印象は、冷淡で、笑顔があまり無い、どこか寂しい国なのかなと思っていました。
でも、このツアーに参加したことによって、自分が行く前に思っていたフィリピンの印象とは真逆で、人に優しくて、思いやりがあって、よく笑う、とても暖かくていい国なんだと気づきました。

そして差別がないというのも印象的でした。
フィリピンに住む男性はゲイが多かったです。でも、それを笑う人はいなかったし、拒否している人もいない
それが、その人の個性として、受け入れているし、その人を変だと思う人が誰一人いなかったのです。

そんな考え方が、言葉にあまり上手く表せれないけど、とてもいいなと思いました。

日本人は何かと周りの目を気にするし、気にしすぎているんではないかと思います。
だから、日本人は積極性がないし現地の人から、毎回『とてもシャイだね』と言われるんじゃないかなと思いました。

日本人もいつか、フィリピンの人達のように差別がない国になればいいなとすごい思いました。
このツアーに参加しなかったら、フィリピンがこんなにいい国なんだということを知ることが出来なかったし、ずっと誤解したまま過ごして行くことなっていたと思うと、本当にこのツアーに参加してよかったと思いました。

 
プロフィール
Ikao Ako Logo

次の世代にもすばらしい環境を残しましょう(^_^)あなたもマングローブの植樹に参加しませんか?


『イカオ・アコ まぐまぐ!メルマガ』
メルアドを入力してボタンを押すと登録できます。

イカオ・アコ

Author:イカオ・アコ

カウンター
月別アーカイブ
CopyRight 2006 星の輝く南の海へ マングローブ隊が行く   All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG /