ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
文化・芸術 の記事一覧
洗濯機を購入した、山村農家の話 
2014.01.29.Wed / 20:24 
 
ネグロス島のパタグ村は標高700mのところにあり、比較的清涼な気候です。
かつては日本軍の病院が設置されていました。今でも建物が残っています。

今日はパタグ村の農家の話です。
フィリピンでは洗濯というと手洗いが多いです。お母さんやお手伝いさんがゴシゴシ井戸の周りで
手洗いする光景をよく目にします。

この農家は洗濯の作業が大変なので、洗濯機を購入したんです。
安いものでは1万円くらいで購入できます。人気は二槽式なんです。

購入して取り付け道路まで運んでもらったのはいいですが、そこから家に運ぶまでが
見ものでした。今の日本ではありえない光景。

これから運ぶ

何で運ぶと思いますか?
ヒントは洗濯機の下のソリですね。


 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓


なんと水牛が登場です。
この村では運搬用や耕作用に水牛が使われています。
牛の肩にかけるだけの、インスタントさ!

セッティング完了

セッティングしたら、こんな様子です。水牛ちゃん、お願いします。






車輪がついているわけでもなく、地面の上を力任せに進んでいくんですね。
道が削られて、どんどんガタガタになっていくんです。

昔の日本もこんなんだったんだろうな。
それにしても最先端の電化製品と、昔ながらの運搬法のアンバランスが絶妙です。

水牛が洗濯機を運ぶ



家に到着して、荷解きです。
大事に洗濯機は扱われるようです。

洗濯機をセットアップ


屋根付きの小屋にセットされました。
早速、洗濯の開始です。うまく使えるかな。

問題なく使えました。よかった、よかった。
で、洗濯機の横にはボディガードの犬が大事なものを守っています。
こんな重いものを持っていく人がいませんけどね。

番犬が洗濯機を守る


雨が降ってきました。表の洗濯物を家に取り込まなくっちゃ。
それより、洗濯機を先に家に取り込んでいました。
家人には「雨に濡れても大丈夫だよ」と言っても「心配だから」とのお返事 笑

後日、洗濯機の調子を尋ねてみると、「洗濯機の調子はバッチリよ」

「今日は汚れがひどいから、手洗いしましょう」

その返事に私は???



フィリピンでは洗濯機より手洗いの方がキレイになると、未だに信じられています。
確かに高校生たちの白の制服は、みんな真っ白だね。
 
日本では手洗いより洗濯機方がキレイになると、未だに信じられています!?といったところかな

スポンサーサイト
* テーマ:フィリピン - ジャンル:海外情報 *
ニューイヤーフェスティバル in フィリピン 
2012.01.22.Sun / 23:13 
こんばんは!ボランティア6日目の周東です。

昨日は現地駐在員の倉田さん、もう一人のボランティアの小林君とともに、中国のNew Year Festvalに行ってきました。

フィリピンなのに中国の新年・・・?と思われますが、実際、フィリピンに中華系の人々は1.5%しか居ないそう。それなのにお祭りを開いて、休日にまでしてしまうフィリピン人は、よっぽどお祭りが好きなのでしょう。

実際、フィリピン人ばっかりで中華系の人はほとんど見かけない上に、中国らしさはほとんどありません(笑)
CIMG1314_20120122231019.jpg

こちらは、倉田さんと小林君。
CIMG1315.jpg

お祭り自体は日本の学園祭のような雰囲気。メインストリートの両脇にお店がずっと続いていて、いくつかあるステージでは大音量でライブが行われています。

そしてすごい人の数・・・。深夜の12時を過ぎても、一向に人が減る気配はありません。お祭りが行われているバコロド市の人口は約43万人(僕の地元の、神奈川県藤沢市の人口とほぼ同じ!)。そのうちの、かなりの割合の人がこのお祭りに参加しているのではないでしょうか。

こちらは、フィリピン名物のゲテモノ、バロット。
CIMG1317.jpg

孵化しかけの卵を、蒸して食べるそうです・・。食べた小林君の感想は、半分鶏肉で半分卵の食感だそう。そう聞くと美味しそうだけれども・・・・・。

楽しいお祭りの一方で、地面にはものすごい数のゴミが捨てられています。日本のお祭りでもゴミは見かけますが、ここまでではないと思われます。

CIMG1323.jpg

いくらマングローブを植えても、地元の人々の意識が変わらない限りは、究極的には環境保全には繋がらないはず。

ローカルな視点から、少しずつでも変えていければと思います。

周東
* テーマ:フィリピン - ジャンル:海外情報 *
シライ市☆クリスマスビレッジ☆オープニング 
2010.12.13.Mon / 08:09 
12月5日、シライ市のプラザで、クリスマスビレッジの点灯式が行われました。
毎年12月になると、シライのプラザは、クリスマスのイルミネーションがともります。
このイルミネーションの点灯式では、シライ市の職員が各課ごとに出し物を出して夜の会を盛り上げます。

今年は、イカオ・アコもダンスの出し物を出しました!!

IMG_3185.jpg   IMG_3186.jpg
イカオ・アコダンサーズのメンバー!!

IMG_3184.jpg
メイクはリュービーさんにやってもらいました。

IMG_3201.jpg
GSO(ジェネラルサービスオフィス)のダンス

なんと、イカオ・アコはトップで登場!!



Cha-Cha ダンスポートを披露しました!!
ベルさんが司会だったのですが、終了後のコメント、
「ダンサー達はバラリンから帰ってきたところっていうのがばればれですね~、フィッシュネット(漁網のようなストッキング)をはいてましたから・・・」というジョークで会場が沸きました(笑)

ショウが終わってからも、色々な人から声をかけられました。
「踊ってた人って、マングローブで活動してる人!?」
なんていう声も。。。

良い広報活動になったかな・・・

さて、プラザの今ですが、こんな感じです。
各村ごとにクリスマスアーチのコンテストが行われました。

IMG_3173.jpg
作っているところ

IMG_3212.jpg
バラリン村、惜しくも入賞せず。

IMG_3214.jpg
Fernanが手伝っていたE.Lopues村、5位

IMG_3224.jpg   IMG_3443.jpg
4位は、Patag村!! 右は昼間の様子。

IMG_3217.jpg
3位入賞は、マンブラック村

IMG_3215.jpg
2位は、バランガイI(レオのすんでいるところ)

IMG_3223.jpg
そして1位は、バランガイIII(プラザの周辺)

でした。


IMG_3237.jpg   IMG_3230.jpg
プラザ全体の飾りつけは、観光課のPanoyたちがやっています。

どうですか?きれいですよね。。。
12月21日からは、また色々なイベントがあるそうです。
フィリピンは、クリスマス時期にとても盛り上がるので、この時期にフィリピンを訪れてみるのもいいですよ。

(マ)
* テーマ:フィリピン - ジャンル:海外情報 *
シライ250周年記念パレードフロートコンテストでBAMPAが優勝!! 
2010.06.21.Mon / 14:49 
6月12日は、シライ市の創立記念日。(フィリピンの独立記念日と同じ日)
毎年、この時期には盛大なお祭りが開かれます。

6月上旬から始まって、リンアイやダンスコンテスト、アイドルコンテストなどさまざまなイベントが連日繰り広げられてきましたが、それも、この日でおしまい。最後の締めくくりは、シライ市内の国道を歩くパレードとストリートダンス、それに朝まで続くバンドのコンサートでした。

今年は、パレードに賞金が出るといううわさを聞きつけ、これは、イカオ・アコとBAMPAの活動を知らせるよい機会だということで、パレードに参加することにしました。タイトルは、パガパットフェスティバル。パガパットフェスティバルのときにトライシクル・フロートコンテストを行ったのですが、そのときに優勝したBAMPAのトライシクルフロートを再現。今回は、2台に増やして迫力を増しました。もちろん使ったのは、パガパットの葉っぱや枯れ木、バカウの苗木など、バラリン村のマングローブ林から手に入れたものです。

IMG_5938.jpg
スタートポイントでスタンバイ

IMG_5943.jpg
イカオ・アコの横断幕を持って先頭を歩きました

IMG_5946.jpg
続いてBAMPAのメンバーが、バラリンのエコパークの横断幕を持って

IMG_5944.jpg
そして、トライシクル1台目

IMG_5940.jpg
2台目が続く。。。

他にはないデザインで、観衆の目を奪っていました。すごくたくさんの人が写真をとってくれていて、途中で動けなくなるシーンも。大人気のフロートで見事優勝でした!!

IMG_5947_20100621141900.jpg
終了後、BAMPAメンバーとイカオ・アコボランティアで集合写真

IMG_5964.jpg
いい芝居をしてくれたBAMPAメンバーの子供たち。

環境やマングローブについて少しでも一般の人に興味を持ってもらうきっかけになったのではと思うし、
BAMPAのメンバーの誇りにもなったと思うので、来年もぜひ出場したいです。

(マ)
* テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース *
『第5弾フィリピンあるある』 
2010.06.09.Wed / 22:57 
こんばんは★

今日は、『第5弾フィリピンあるある』


今日のあるあるは・・・

『フィリピンでは、基本店員の対応が遅い』!!!



外国って、結構こういう傾向がありますけど、

フィリピンは、他国と比較してもslowだと思います。。。
(余談ですが、フランスでは店員さんにまず、「こんにちは」って、挨拶しないと、売ってくれないらしいです!)

どんなに長い列ができようとも、

店員さんは余裕です。


「お待たせいたしました。」って

こんなにも重要な言葉だったんだって

最近ひしひしと感じます笑)
(普段フィリピン人はとっても人当たりがいいから、店員さんになったときの変貌ぶりにはびっくりです!)


だから、とっても接客態度のお店を見つけると

それだけでHAPPYに一日を過ごせます!笑)

けど、こういうお店は

オーナーさんが外国によく行く人である場合が多いです。

だから、値段もハイクラス向け。。。
(フィリピンで外国旅行に行ける人は、お金持ち)



これを書いていて思い出した、panoy(silay市の観光課スタッフ:、http://negros.blog48.fc2.com/blog-date-201006.html#864参照)の言葉。

『フィリピンが、発展するには「時間にルーズ」な点を、直さなければいけない!』

と、以前語っていました。



たしかに…

値段が多少高くても(フィリピンの物価に対して)

気持ちよく過ごせるお店を、私は選びたい。。。

少なからず他にもそういう人がいるから

そういう商売が成り立っているのでしょう。


でもこれ、

ちょっと視点を変えれば

「接客態度を改善すれば、多少高くても客はつく!」

って、ことですよね?


接客態度がいいのが当たり前の日本では、もう通用しないけれど、

第三世界であるフィリピンだからこそ、第一世界から学べるビジネスチャンスが

目の前にゴロゴロ転がっているのに!

このチャンスを逃す手はないのに!

と、腹黒い私は思ってしまいます!笑)



とまあ、冗談はさておき、

旅行に行けるくらいのお金持ちでなければ、

そのチャンスに気づきにくいのは確か。。。

もともとunfair なのかもですね...



また、店員さんからしたら、

「どんな態度で接客しても給料が変わらないならば・・・!」

っていう事なのかもですけどね~

考えてみれば、日本でも少なからずそういう店員さんいますものね。


って、話がずれましたが、まとめとして,,,

「日本の接客は、ずば抜けて素晴らしい!」笑)


外国との比較を通して、改めて日本人であることを

誇りに感じれる、今日1日でした★

IMG_2758.jpg


(TOM)
プロフィール
Ikao Ako Logo

次の世代にもすばらしい環境を残しましょう(^_^)あなたもマングローブの植樹に参加しませんか?


『イカオ・アコ まぐまぐ!メルマガ』
メルアドを入力してボタンを押すと登録できます。

イカオ・アコ

Author:イカオ・アコ

カウンター
月別アーカイブ
CopyRight 2006 星の輝く南の海へ マングローブ隊が行く   All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG /