ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スタッフ・ボランティア の記事一覧
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
JICA草の根技術協力事業(パートナー型)の現地調整員を募集中 
2017.01.31.Tue / 20:18 
 

イカオ・アコは、日本福祉大学内に事務所を置く環境NGOです。
海外事業ではフィリピン・ネグロス島とボホール島でマングローブの再生事業、地域おこし、国際交流などを行っています。
このたび活動の継続・強化のため、フィリピンの駐在員を募集します。

イカオ・アコでは現在、ボホール島でJICA草の根技術協力事業(パートナー型)に取り組んでいます。そこで、現地の調整員として活動して下さる人材を募集します。あなたのキャリア形成にぴったりです。

●赴任地:ボホール島ウバイ郡
●募集人数:1名
●事業名:環境教育による3R推進と循環型社会の形成プロジェクト
●職 種:環境教育、3Rの啓発、植林、国際協力、環境地域づくり等のNGO事業における調整員
●報 酬:給与と家賃を含めて月15~20万円を予定。
●その他待遇:ビザ・航空券・海外旅行保険はJICA事業の規定により、基本的にイカオ・アコ負担
●契約期間:1年単位 (2017年4月~2018年3月、ただし見習い期間を2か月)
      1年契約ですが、合意により更新の可能性
●応募資格:
・イカオ・アコの目的、ミッション、事業に共感する方
・年齢は20歳代の方
・email、Word、Excel等のパソコンの基本操作が可能な方
・英語での業務遂行能力を持っている方が望ましい
・運転免許
●応募方法:履歴書と志望動機(A4一枚)をEmailにて送付。応募書類は返却しません。
  応募書類に記載された個人情報は当団体において厳正に管理いたします
●選考と締切:書類審査の後、面接を行い、適格者を採用します。
       適格者が見つかり次第応募を締め切ります。
●申し込み・問合せ先:特定非営利活動法人 イカオ・アコ(担当 後藤)
〒477-0031 愛知県東海市大田町川南新田229 日本福祉大学内
TEL:0562-39-3238
E-mail:mha01557@nifty.com


 
スポンサーサイト
Nたま受講生の募集 
2015.06.04.Thu / 18:01 

名古屋NGOセンターが、Nたまの受講生を募集しています。以下がその情報です。
許可を得て、転載します。

----------------------

みなさまから、「Nたま」の愛称で知られる、「次世代のNGOを育てる、コミュニ
ティ・カレッジ」。いよいよ、13期生の募集が始まりました~。

無料説明会を下記の日程で開催しますので、ぜひ、ご参加ください。
また、関心のある方に情報をお伝えしていただけると助かります。

---------------------------------------------------------------------

◆NGOスタッフになりたい方、就職・転職を希望している方、ぜひこの研修にご参加
下さい。
 修了生の多くがNGOスタッフとして活躍しています!

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    NGOスタッフになりたい人のための研修
 「次世代のNGOを育てる、コミュニティ・カレッジ2015(通称:Nたま)」
     「無料説明会」の参加者募集中!!!

    ☆ 参加者募集チラシはコチラから ☆
      ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
  http://www.nangoc.org/information/ntama2015.pdf
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 NGOスタッフになりたい方、
 NGOや国際協力分野に就職・転職を希望される方、
 NGOを設立したい方、
 NGOでボランティアしたい方、必見の情報です!

 この研修は、次のような方にオススメです!
 「NGOって何?基礎的なことをしっかり学びたい!」
 「NGOスタッフになりたい!でも、自分に合うかどうか見極めたい」
 「もう少し人や社会のためになる仕事に転職したい」
 「ボランティアとしてNGOに関わりたいけど、どうしたらよいかわからない」
 「ゆくゆくはNGOを創ってみたい」

 「Nたま」とは「NGOのたまご」の略。
 2002年よりスタートし、これまでに研修を受けた「Nたま」は179名。
 このうちのべ98名の卒業生が、NGO・NPOの担い手として活躍しています。
 修了生の活躍は参加者募集チラシに掲載していますので、ぜひご覧下さい。
 今年はNたま13期生の募集です。

 この研修は、およそ半年間という時間の中で、
 NGO活動のセンパイ達から多くのことを学び、
 社会が抱える問題に対して自分にできることは何か、
 研修に参加する仲間たちと一緒に考えていきます。

 研修生自らが主体となって参加し、
 学び合いながら創り上げていくことのできる、
 どこにもないオリジナルの研修です。

 詳しくは、「無料説明会」にぜひお越し下さい。
 この研修の魅力をより詳しくお伝えすることができます。

 迷っている方、とりえず話だけでも聞いておこうかな・・という方も、
 ぜひお気軽にご参加下さい~。
 皆様のご参加を、スタッフ一同お待ちしております。

 ◆説明会の日時:
  第1回 2015.6.18(木)18:30~20:45 (定員20名)
  第2回 2015.6.24(水)18:30~20:45 (定員20名)
  第3回 2015.6.27(土)13:30~16:30 (定員30名)
 ◆説明会の会場:
  第1回&第2回 名古屋YWCA 4F(404)
  第3回 ウィルあいち 2F(セミナールーム5)
   *名古屋YWCA:愛知県名古屋市中区新栄町2-3
    (地下鉄「栄」駅 東改札を出て5番出口より東へ2分)
   *ウィルあいち:愛知県名古屋市東区上竪杉町1番地
    (地下鉄「市役所」駅 2番出口より東へ徒歩10分)
 ◆説明会の内容:
  カレッジの詳細説明、修了生による体験談、個別相談等
 ◆主催:
  特定非営利活動法人名古屋NGOセンター(認定NPO法人)
 ◆お申込み方法:以下の2つの方法でお申込み下さい。
  (1)無料説明会への参加は、以下のサイト内の「フォーム」よりお申込み下さ
い(各説明会の前日まで)。
  → http://www.nangoc.org/information/ngo2015.php
  (2)末尾の申込書に必要事項を明記の上、名古屋NGOセンターよりお申込み下さ
い。
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ☆Nたま研修の開講期間は、2015年8月1日(土)入学式~2016年2月13日(土)修了
式です。
 ☆受講料は、有料となります。
 ☆申込み〆切は、2015年7月7日(火)必着です。
  →→→ 詳しくは、参加者募集チラシをご覧ください。

   ☆ 参加者募集チラシはコチラから ☆
     ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
  http://www.nangoc.org/information/ntama2015.pdf
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 名古屋NGOセンター宛て(メール:info@nangoc.org)

 Nたま無料説明会の以下の日時に参加を申し込みます。

 ( )第1回 2015.6.18(木)18:30~20:45
 ( )第2回 2015.6.24(水)18:30~20:45
 ( )第3回 2015.6.27(土)13:30~16:30

 ●お名前:
 ●所属:
 ●電話番号:
 ●メールアドレス:

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
最高の三週間 
2015.04.22.Wed / 12:47 
今年の2月に3週間、インターン生として頑張ってくれたU君からの感想文が届きました!ありがとう!
 

以下感想文↓
---------------------------------------------------------------------------------------
最高の三週間   
 私は、イカオ・アコの国際協力研修センターにインターン生として三週間滞在しました。
 私が、イカオ・アコの存在を知ったのは、知り合いの紹介がきっかけでした。今思えば、ネグロスで過ごした三週間はかけがえのない一生の思い出です。
 私はもともと動物や自然が大好きで、イカオ・アコがマングローブのプランティングをメインに活動していると聞いて、ネグロスでの活動を心の底から楽しみにしていました。
 実際行ってみると、マングローブのプランティングだけではなく、現地の幼稚園、小学校~大学まで、様々な年代の人たちと交流しました。幼稚園や小学校の子供たちは、みんな目がキラキラ輝いていました。とても純粋な瞳でした。高校生や大学生はみんな、いつか日本に行きたい!と言っていました。そして、マングローブのプランティングでは、今まで見たことがなかったマングローブを見てとても興奮しました。海の上に森があるというのは不思議な感覚でした。苗木を植えるときは、一つに一つに願いを込めました。
 そして何より、この三週間で私が得たものの中で一番大きいと思うのは、人々との出会いと、つながりです。たった三週間だけなのに、本当にたくさんの人たちと出会うことができました。研修センターで初めて会った人たちとは、アクティビティーを通して仲良くなったり、将来の夢や大学生活のことについて語り合ったり、高校3年生の僕にとって、
本当に貴重なお話を聞くことができました。スタッフの方々は、僕の将来の夢を聞いてくださったり、現地の人たちとの
交渉の場に立ち会わせていただいたり、ご飯を毎日作ってくださったり、毎日がとても充実していました。そして、アクティビティーを通して出会った現地の人たちは、いつも笑顔で私たちを迎えてくれました。この三週間の間に出会った人たちすべてに感謝します。ありがとうございました。
 大学に入学する前に、このような、言葉では表しきれない素晴らしい体験の数々に巡り合えて本当に幸せです。
いつかまた、ネグロス島に行ける日を心待ちにしています!
 ありがとうございました。(U記) 
-------------------------------------------------------------------------------------
P2070557_2015042212454100e.jpg

                                                      
新現地駐在員です 
2014.06.24.Tue / 16:30 
皆さん、はじめまして!

昨夜シライ市に到着しました、新現地駐在員の前川と申します。
早く現地に馴染んで、一緒に活動していけたらと思っています。

今後共、よろしくお願いします!!
新聞で紹介されました--キナタルカン島の支援(台風30号の被災地支援) 
2014.01.31.Fri / 18:50 
 
イカオ・アコはセブ島の北部に位置する、人口8,500のキナタルカン島の支援を愛知ボランティアセンターと協働で進めています。また、イカオ・アコは茨城県国際交流協会、桜丘中学、日本福祉大学付属高校などの寄付を受けて、この関連で活動してきました。

そのことが新聞記事になりました。
1月30日付の中日新聞夕刊社会面です。

中日新聞紙面


国内では愛知ボランティアセンターが古着を収集し、コンテナでフィリピンまで送ります。
その古着の整理作業を見させてもらいましたが、3万5千着の古着をボランティアの人海戦術で
本当に丁寧に整理しておられました。みなさんの熱い思いがこもっています。

そのコンテナは現在、セブ港に到着しました。

フィリピンでは、イカオ・アコがコーディネートし、現地の住民にきっちり届くように手配します。
セブ港からセブ島の北端までトラックで運び、そこからはチャーターした船で運びます。

セブ港では関税がかからないように手続きをし、トラックを手配し、別の港まで移動。そこからは船を
チャーターすること、キナタルカンでは港がないので、上陸の方法を考えるなど種々の難問を抱えています。

2月中旬にはキナタルカンの皆さんに日本からの支援物資を届けることができます。
みんな、もうすぐだよ。待ってろよ。

12月の第2回調査の模様↓
http://negros.blog48.fc2.com/blog-entry-1275.html

 
 
* テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース *
プロフィール
Ikao Ako Logo

次の世代にもすばらしい環境を残しましょう(^_^)あなたもマングローブの植樹に参加しませんか?


『イカオ・アコ まぐまぐ!メルマガ』
メルアドを入力してボタンを押すと登録できます。

イカオ・アコ

Author:イカオ・アコ

カウンター
月別アーカイブ
CopyRight 2006 星の輝く南の海へ マングローブ隊が行く   All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。