ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Autumn Memory of Japan 
2018.03.18.Sun / 14:13 
 
 資料を整理していると古い新聞記事を見つけました。
日付は2003年12月28日。
 執筆者はシライ市観光課で永らくマネージャーを務めたVer F. Paceteさんです。

 11月上旬にイカオ・アコ主催で、International Environment Consciousness Seminar (於:日本福祉大学)を開催しました。ゲストスピーカーとして、Verをはじめ、Leo Canson、Leda Dionsonを招待しました。当時のイカオ・アコにとっては大きな国内イベントです。

 新聞記事には、畳の部屋で寝たこと、街がきれいこと、日本食(うどん、とろろ汁、わさび、安倍川餅を楽しんだことなどが書かれています。

NewsPaper2003


 多くの夜を副代表の鈴村氏の学生アパートで過ごすことになります。
 私の研究室ではチキンカレーを振舞いました。フィリピン人は辛いのが苦手のようでしたね。

 セミナー会場のデコレーションや販売も企画し、数十名の一般客が入場してくれました。当然、セミナーも大成功でした。

 イカオ・アコのメンバーの多くが日本福祉大学の学生ということもあり、こうした大きなイベントを大学で開催することができましたね。懐かしい思い出です。

スポンサーサイト
祝・付属高校国際協力部が奨励賞を受賞 
2018.02.19.Mon / 14:15 
 

2月18日名古屋国際センター主催の「NIC Global Youth Award 2017」に日本福祉大学付属高校国際協力部が出場し、奨励賞を受賞しました。

「国際交流・国際協力・多文化共生」分野で活躍している東海3県の高校生・大学生の団体が書類審査を経て、2次のプレゼンテーションに臨みました。

高校生の受賞


ここの国際協力部とは以前から、マングローブ植林、フェアトレード商品の販売、七夕短冊コンテストなどでイカオ・アコと連携しています。

高校のブログです。
http://blog.n-fukushi.ac.jp/koukou/


2017年七夕短冊コンテストの報告 
2018.02.06.Tue / 14:23 
七夕の時期に合わせ、短冊に環境問題に対して「自分の行動」を書く、七夕短冊コンテストを各学校で実施しました(日本とフィリピンで450名の中高生が参加)。

七夕短冊コンテスト


7月23日はファイナルコンテストです。
日本福祉大学東海キャンパスにて、七夕を展示するほか、ファイナルコンテストの優秀作の発表・表彰を実施しました。
飛び込みでコンテストにも参加した高校生もいました。

当日、フィリピンとは、Skypeにてコンテストの模様を共有しましたが、うまくつながらず(笑)

優秀作は以下のようになっています。
金賞 「自然とは、一緒に歩む、パートナー」 桜丘高校・羽田野さん
銀賞 「小さな気遣いでも 皆がやれば明るい町に」 日本福祉大学付属高校・花井さん
銀賞 「自然はぼくらの仲間 思いやりで広がる笑顔の輪」 桜丘高校・石渡さん

入賞者の健闘を祝します。

 


国際協力カレッジにブースを出店 
2017.12.06.Wed / 19:08 
 
12月2日にJICA中部にて、国際協力カレッジが開催されました。
そこの会場にイカオ・アコはブースを出店しました。担当は去年に引き続き、田嶌と後藤です。

国際協力カレッジ・チラシ


田嶌さんの3分間スピーチも、インターンを経験したこともあって、迫力がありましたね。
この調子で就職活動に臨んでください。

80名の若者たちが国際協力に興味を持ち、自分に何ができるのか学び、各NGOとのマッチングを
行うイベントです。NGO側は17ブースでした。

イカオ・アコのブース


30名の若者がイカオ・アコのブースを訪問して、イカオ・アコの活動の話を聞き、ボランティアやインターンの参加の方法に耳を傾けてくれました。興味を持って聞いてくれてありがとう。

振り返りの全体集会で数名の若者が熱い熱いスピーチをしてくれました。
こういう人たちがこれからの社会を担っていくのだと、たくましく見えましたよ。
社会を変革できる仲間の中心にいたことに感謝します。こちらが元気をもらいました。

 



Fujiclean Ltd. のMagazineに掲載してもらいました 
2017.09.29.Fri / 15:27 
 
Fujiclean Ltd. が発行する雑誌「水の話」No.177の裏表紙に原稿を書かせていただきました。いかに文面を紹介しておきます。

------------------------
タイトル「マングローブの植林などを通じて、 フィリピンの人々の生活の向上を支援。」

 イカオ・アコは、フィリピンでマングローブの植林 事業等を行っている環境NGOです。第二次世界大戦中に日本の通信士としてフィリピンに駐在し、戦後 も残留日本人の支援を続けていた土井潤一郎氏と、 現・代表の後藤 順久氏とが、1997年に日本人とフィ リピン人が協力してできる植林を始めたことが設立 のきっかけでした。

水の話no177


 当初は大学生を中心としたスタ ディーツアーを企画していましたが、今では全国から 若者が集まり年3〜5回のツアーを実施し、植樹本数 は130万本を超えました。2012年には、より自由に ボランティア活動ができるよう、現地に国際研究研修 センターを開設。英語のトレーニングを行いながらボ ランティア活動に取り組める環境を提供しています。  

 イカオ・アコが活動をする上で大切にしているの は、現地の人々と同じ目線を持つことです。マング ローブの植樹や維持管理作業は、現地住民団体と日 本人ボランティアとの共同で行っており、マングロー ブの再生や保護・維持活動を現地住民が主体的に取り組むことを目指しています。

 また、環境破壊の根源 には貧困の問題があるため、生計の向上も忘れては いけない視点の一つです。最近では、水源地の森を 守るために80メートルも下った谷から水を上げ、灌漑用水をつくりました。この地域では、貧困をしの ぐために違法伐採をして炭をつくり生計を立ててい ましたが、灌漑用水を引くことで炭に替わる野菜や 果樹の有機農業が可能になりました。

 さらに、上流と下流の住民を結びつけ、海岸沿いだけでなく流域全 体の環境保全も実現することができました。 イカオ・アコは、2017年に設立20周年を迎え、 エコツーリズムやフェアトレード、有機食品を使った カフェの経営、環境教育支援など、年々活動の幅を 広げてきました。その活動は、企業や団体からの協 賛も多く、新しい絆が次の環境保全を形成しています。海外支援はハードルが高いと思われがちです が、今後も日本とフィリピンを結ぶ、手作りの支援の輪を広げていきます。

 
フィリピンスタディツアー感想文(第12回桜丘高校スタディツアー)  
2017.09.18.Mon / 19:14 
 
僕は初めてフィリピンに行き、自分が想像していた以上に現地の人が優しく、食べ物も美味しくて、一週間とても満喫しました。フィリピンに行く前は、両親からフィリピンは治安が悪いと言われ不安に思うところもありました。でも実際に行ってみたら、街がきれいで、車も普通に通っていて、これのどこが治安が悪いんだ、と思いました。

今回の目的だったマングローブの植樹をしました。初めてでしたが苗は想像してたより小さかったです。マングローブを土に植えるとき、地面がドロドロのため、植えるための穴が掘りにくかったです。短い樹林だったけど、フィリピン一番の思い出になりました。現地の人との交流は最初は緊張したり、会話がなかなか進まなくて仲良くなれたのかなと思いました。自分は人とのコミュニケーションが苦手でした。でも、少しずつ会話するたびにどんどん慣れてきました。この体験を生かし、将来海外旅行行ったときや、また新たな友達ができたときに積極的にコミュニケーションをとっていきたいと思います。

P9194416.jpg


フィリピンのスタディツアーで一番楽しかった場所はビーチです。なぜかというと、サンゴでできた島がすごくきれいで、海が透き通るような透明色でした。途中泳いでいるとき、流れ着いた木やカニや魚がいました。最後は、みんなで写真を撮ったり、ちょっとした遊びをしました。

たくさんのツアーや交流をさせていただきありがとうございました。次もこういう機会があれば参加したいです。
フィリピンスタディツアー感想文(第12回桜丘高校スタディツアー)  
2017.09.18.Mon / 13:33 
 
今回フィリピンスタディツワーに参加して日本と違うと思ったことは、フィリピンの人たちは皆んなとても親切で初めてあった僕にも色々と話してくれました。しかし相手との会話が全て英語なので、英語が喋れない僕は本当に会話が出来ませんでした、然しバーディーの子は頑張って僕に伝えようとしてくれました。フィリピンの人々の優しさを感じました。とても嬉しかったです!そして僕はを英語を頑張ろうと思いました。

タワー


そしてマングローブの植樹は思った以上に大変でした、一度壊した自然を元に戻すことはとても難しいという事が分かりました。このような活動がいかに大切かこのツワーを通して分かりました。この経験が今後生きていけばっと思います。

本当に有難うございます! (RM 記)

 
フィリピンスタディツアー感想文(第12回桜丘高校スタディツアー)  
2017.09.17.Sun / 10:00 
 
今回、私はこのスタディツアーを通して様々なことを学ぶことができました。

毎日新しい発見がありよく考え学ぶことができたと思います。最初の2.3日は自分の英語の聞き取りの上達やコミュニケーションの取り方がつかめたことを深く実感しました。

二日目DADDJISの学校へ行き彼らと初めて会った時日本との考え方の違いや生活の違いにはとてもおどろきました。バディの子と話したとき彼はとても英語が流暢で積極的に自分の気持ちを伝えてくれたのに対して私は簡単に伝えることしかできずとても悔しかったです。その日は聞き取るので精いっぱいでしっかり集中してないと聞き取れませんでした。

けれど三日目の有機農業体験や滝、神社、いちごを食べた時にはしっかり自分の意見や気持ちを伝えることができました。そして意識しなくてもバディの言葉や移動の車内でのIKAW AKOのスタッフさんの会話も自然と頭にはいってきました。

足跡


 四日目、五日目からは考え方の違いはもちろん環境の違いも深く実感しました。
四日目 この日はDADDJISのバディたちと会えるのは最後といわれていたのでみんなで最後の交流をしました。みんなでフィリピンで学んだことを共有したりもしました。

五日目のサンゴでできた島へ向かうとき車内から見た町の景色や人々の生活風景を見たときは何とも言えないものを感じました。日本人のように毎日時間に追われておらずゆったりと穏やかに流れているように感じました。

六日目は今回のツアーのメインとなるパガパットフェスティバルの日でした。

DADDJISのバディの子たちがサプライズできてくれ、一緒にマングローブを植えました。とてもうれしかったです。今回バディの子と植えた小さな苗を私はまたバディと一緒に見にいきたいです。


七日間本当に一日一日がとても濃くてあっと言う間でした。バディの子はわたしに「なぜ彼ら(先生方)は君をこの建物に連れてきたと思う?」や「君は今の話をどう思う?」「今の話を聞いてぼくはこう思ったけれど君は今の僕たちに必要なものは何だと思う?」などいつもこのツアーの意味や目的を思い出させてくれ痛感させてくれました。ただただ楽しいではなくありとあらゆるものからたくさんのことを学ぶことができました。ただの旅行ではなくこのツアーだったからだこそ出会うことのできた人たちや経験することのできたものがたくさんあります。本当に感謝しています。このツアーに参加できてよかったです。

ありがとうございました。
フィリピンスタディツアー感想文(第12回桜丘高校スタディツアー)  
2017.09.14.Thu / 09:31 

今回のスタディーツアーで学んだことはたくさんあります。

まずは、挨拶と感謝することの大切さです。
フィリピンで1週間過ごしてる中で朝起きたら「おはよう」と言い、相手に何かしてもらったら「ありがとう」と言う日常では当たり前のことでも大切だということを学びました。

次に伝えることの大切さです。
2日目にダジェスの学校でバディの子たちと初めて会って交流をしていく中で、バディの子と会話するときに英語でなんて言ったらいいかわからなかったり、「もっと言いたいことあったのにな…」とすごく悔しい思いをしました。この経験で、「もっと英語を話せるようになりたい」「もっと勇気を出して積極的に話したい」と思いました。

壇上


最後に、1番フィリピンに行って強く感じたことは、現地の人たちの笑顔や優しさです。
今回一緒にいてくれたバディの子たちは、いつも明るくて、たくさん話そうとしてくれて、一緒にいるときは必ず手を繋いでくれてたり、マングローブの所や山に行ったときには必ず手を貸してくれました。パガパットフェスティバルのときは泣いてお別れしてくれました。イカオアコの方達は、ずっと1週間お世話になって、いつも英語を聞き取ろうとしてくれて、本当に心広い方達でした。
毎朝作ってくれた朝ごはんも夜ご飯もすごく美味しかったです。

本当にフィリピンに行かしてくれた両親や先生に感謝します。また、シライ市に行ってバディの子たちやイカオアコの方達に会いたいです。
本当にありがとうございました。(MK 記)

 
フィリピンスタディツアー感想文(第12回桜丘高校スタディツアー) 
2017.09.13.Wed / 10:19 
 
今回フィリピンのスタディツアーに参加して、日本との様々な違いを知ることができました。僕自身、フィリピンに行くのは初めてで心配もあったけど、フィリピンの自然の美しさや人々の温かさを感じ、フィリピンへの印象が良いものに変わりました。

現地では一人一人バディがつき、一緒に活動をしました。全て英語で会話するので、言っていることが理解出来なかったり、伝わらなかったりするなど、大変な部分もありました。それでも、現地の人は一生懸命伝えようとしてくれたり親切にしてくれたりと、とても優しく接してくれとても嬉しかったです。

特別支援学級


また、マングローブの植樹をして、マングローブはフィリピンにとってとても大切なものだと実感しました。これからもたくさんの人があのマングローブを植えていかないといけないと改めて思います。

今回フィリピンに行って得た経験は日本では出来ない新しいものだと感じました。これからの世の中で、もっと世界のいろいろな国と交流していくなか、他国の文化を理解し合うことはとても大切なことだと、今回改めて気づかされました。この経験を自分の中で生かしていけたら良いと思います。 (KK 記)
プロフィール
Ikao Ako Logo

次の世代にもすばらしい環境を残しましょう(^_^)あなたもマングローブの植樹に参加しませんか?


『イカオ・アコ まぐまぐ!メルマガ』
メルアドを入力してボタンを押すと登録できます。

イカオ・アコ

Author:イカオ・アコ

カウンター
月別アーカイブ
CopyRight 2006 星の輝く南の海へ マングローブ隊が行く   All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。